家庭用脱毛フラッシュ脱毛器って何? レーザー脱毛器との気になる違いは?

家庭用脱毛器の脱毛方式にはフラッシュやレーザー、サーミコンなどがあります。
これらの違いは何なのでしょう?
ここでは光脱毛(フラッシュ脱毛)の特徴について見ていくこととします。

フラッシュ脱毛器とは?

光

代表的なフラッシュ脱毛器には、例えばケノンエピナードなどがあります。
こうした脱毛器の特徴は、脱毛器から光が発せられることで、脱毛を促すことにあります。
より詳しく説明をすると、脱毛器から60〜70度程度の光が発せられ、それが毛根に刺激を与えます。
そして、光を与えられた部位は毛根が弱くなり、体毛が抜けやすくなるのです。
これによって脱毛ができるのです。

 

フラッシュ脱毛の2つの方法

フラッシュ脱毛器の脱毛方法には2つの種類他があり、
まずSSC方式(スチーム・スキン・コントロール)があります。
こちらはあらかじめ部位に専用ジェルを塗っておき、光が届きやすくしておきます。
そして、そこに脱毛器の光を当てることで、毛根まで熱が届くようにするものです。
肌に痛みを与えにくいので、炎症を起こしにくいと好調を持っています。

 

もう1つがIPL方式(インテンス・パルス・ライト)です。
こちらは脱毛器の光にメラニンが反応をして、毛根に刺激を与えます。
それによってムダ毛が抜けやすいようにするのです。
ただし、強すぎる光は毛根を破壊することになるため、刺激が強すぎる光を与えることはできません。

 

レーザー脱毛との違いは?

レーザー

フラッシュ脱毛器とレーザー脱毛器の違いは、まずその照射範囲にあります。
フラッシュ脱毛器は広範囲に光を与えることができますが、レーザー脱毛機では狭い範囲にしか刺激を与えられません。
そのため、全身脱毛をしたい人にはフラッシュ方式が向いているでしょう。

 

一方、レーザー脱毛器は照射範囲が狭い代わりに、刺激を一点に集中させることができます。
そのため、脱毛効果は高くなっています。
こうしたことから、ユーザーの目的に合わせて脱毛器を選ぶことがポイントになっています。

 

いかがでしょうか?
自分の使い方によって、レーザー脱毛を選ぶか光脱毛を選ぶか変わってきますね!

 

全身に使いたい人は・・・

光脱毛(フラッシュ脱毛)


集中的に一点を脱毛したい人は・・・

レーザー脱毛

 

使い分けてもいいと思います!